スペックス
conerHome - SPEC's Report
07/06/13(Wed)
997GT3RS 詳細リポート Part3
第3回はリアブレーキです。
リアブレーキにもエアインテークが有り、キャリパーの剛性もUPされています。
07/06/13(Wed)
997GT3RS 詳細リポート Part2
第2回はフロントブレーキについてです。
フロントブレーキのエアーの導入
ローター側にもステンレスの板が付き、ラジエターを通った空気がローターに効率よくあたるようになっています。これはCUPカーと同じ手法です。
07/06/13(Wed)
997GT3RS 詳細リポート Part1
今回より、数回にわたり、997GT3RSの詳細をリポートいたします。
第1回目はフロントのアップライトです。
中空の鋳造品で、軽量で剛性の高いつくりになっています。
RSのとても低い車高でも、1Gの状態でロアアームがほぼ水平になるよう、
アップライト側の取り付け位置が下げられています。この手法は、996GT3RSと同じものです。
07/06/12(Tue)
997GT3RS
先日、997GT3RSの納車が完了いたしました。
オレンジボディにブラックホイール、ブラックライン、コントラストがきいていて、とてもカッコイ〜。この配色が、個人的には一番カッコイ〜と思います。
外観を見て第一印象は、車高がかなり低い。リアからの眺めが、ワイドフェンダーとリアバンパーの造形からカナリの迫力です。
内装も、カレラGTと同型のフルバケットシート、ロールケージなどで武装されています。今回の車輌には、スポーツクロノパッケージが付いており、スイッチONでエンジンのレスポンスが良くなるのはカレラと同様ですが、このGT3RSはエンジンの音色が明らかに迫力のある音に変わります。
当初は限定車ではなく、通常のラインナップで販売されるといわれているGT3RSですが、生産台数がかなり少なく、なかなか手に入りにくい状態になっています。(ヨーロッパではすでにプレミアが付いています。)
07/06/13(Wed)
スーパー耐久レポート その7
今回は車内のレポートです。
メーターパネルの前側にモーテックのダッシュロガーを設置し、必要な情報をすべて表示させることができるようになっています。ステアリングには無線用のスイッチ、ドリンク用のスイッチが付いています。
助手席側には、消火器、レギュレーションに合わせ、ウエイト(鉄板)が積まれています。消火器の上に見えるのは、ドリンクのボトルです。
07/06/13(Wed)
希少車 3
今回の車輌は、フライジンガー993GT2ストリートです。
ストリートとはいっても、ボディはFIA GTの以前にもご紹介した、溶接ロールケージの入った最強ボディです。
エンジンは非常に希少な3.8Lツインターボエンジン、約600PSを発生します。
そのほか、エアジャッキ、フラットフェースアクリルウインドー、などとてもハードなものです。ではなぜストリートかというと、エアコン、パワステ、パワーウインドー、オーディオなどの快適装備も有り、1台でストリートからサーキットまですべてこなせる内容になっているからです。
07/06/13(Wed)
希少車 2
今回の希少車は964カレラ4ライトウエイトです。
ポルシェワークスの手により、20台のみが生産されたもので、名前の通り、カレラ4をベースに徹底的に軽量化されています。
ドア、フロントフードはアルミ製で、さらにサイドウインドウはアクリル製になっています。右リアフェンダーにはオイルフィラーリッドが有ります。
センターコンソールにはセンター&リアデフのトルク配分を調整できるコントローラーが付いています。センターは50:50から35:65、リアは0から100までの調整が可能になっています。
この他にも、ブレーキはツインマスター、専用のEXマニ&マフラー、軽量ドアパネルなど数え切れないほどのこだわり様です。
ポルシェが本気で作った1台だと思います。
07/06/14(Thu)
最強のボディー
993GT2レーシングのボディーです。
すさまじいロールケージをご覧ください。
Aピラー下部からフロントストラット部分へ2本貫通し、ドア側にクロス、さらにその外側に格子状で3本の補強、Bピラーから2重のクロス、その内の1組はサブフレームの付け根まで延びています。また、エンジンルーム側には、フレーム補強の2本と足回りの付け根の補強が入っています。これぞ最強のボディーです。
07/06/14(Thu)
実戦でのエックスシフター
2004年 FIAのシルバーストーン1,000Kmレースへ出場した時の写真です。
エックスシフターを装着し、みごと完走をはたしました。
実戦投入することにより、エックスシフター自体の信頼性、耐久性も実証されたと思います。
07/06/14(Thu)
スーパー耐久レポート その2
2006年9月1〜3日 岡山のTIサーキットで行われた、スーパー耐久第5戦の模様です。予選5番手からレースラップも非常に良く、一時2番手まで順位をあげたのですが、ミッションワイヤーのトラブルにより、残念な結果になってしまいました。
次戦の菅生には、良い結果が残せるよう、皆さんの応援を宜しくお願いいたします。
07/06/14(Thu)
スーパー耐久レポート その3
スーパー耐久のレギュレーションで、ポルシェもブレーキキャリパー&ローターの変更が可能になりました。早速実戦投入いたしました。
使用部品は、ブレンボ製4Pキャリパー、センターベル、ローター、キャリパーアダプターでボルトオンにて装着可能です。
基本的にはGT3Rと同じ部品を使用しますが、ホイール内径の都合上、ローター径が370mmになっています。通常の996GT2及びGT3にも装着可能です。
これにより、熱やライフの問題も全く無くなり、フィーリングも格段に向上しました。
あとはABSとの兼合いでパッドの設定、及びブレーキバランスの問題です。
開発がすみましたら販売も・・・・?
07/06/14(Thu)
スーパー耐久レポート その4
現在、スーパー耐久で#45、#24、#17、#28のポルシェが使用している公認ウイングはスペックス製のものです。
この公認ウイングにニューバージョンができました。
よりいっそう軽量で、低ドラッグになり、ストレートスピードが伸びるようになっています。形状はより薄く、両サイドでダウンホースを稼ぐ仕様になっています。
996GT3、993GT2用 1700mm ¥294,000(税込み)
996GT3 ST1仕様 1480mm ¥315,000(税込み)
にて、受注販売させていただきます。
[1]  «  2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22  »  [22] TOPへ戻る
coner 株式会社スペックス
愛知県名古屋市北区丸新町41 TEL:052-901-0808 specs@cd.mbn.or.jp

Copyright © 2009 SPEC'S. All rights reserved.