スペックス
conerHome - SPEC's Report
07/10/04(Thu)
964満開
現在、当社のショールームは964の花で満開です。
92カレラ2、92カレラRS、92カレラRS、92ターボ、93ターボS
これだけの車輌が揃うのも、最近ではなかなか無くなりました。
現在でも、964の形が一番ポルシェらしくて好きだ!!といわれる方が、たくさんいらっしゃいます。
確かに、これらの964を眺めていると、ボディー造形の美しさは、最近の車には感じられない物があります。
大切に所有され、きちんと整備された964は、今でも十分実用的に使えます。今が964に乗れる最後のチャンスかもしれません。
是非一度、964に乗ってみてください。
07/09/22(Sat)
シートポジションの比較
スポーツ走行時のドライビングポジションについて、商品のPRを含め比較してみました。

左・・・Scape45オリジナルシート
中左・・・純正RS(マット使用時)中右・・・純正RS(マット無し)
右・・・ノーマルカレラ2(一番低くポジションをあわせた状態)

Scape45オリジナルシートの特徴

○シートポジションが、低く設定できる。
○腰の安定のいい座面形状。
○ヘルメット装着も考慮したヘッドレストの形状。
○リクライニング機構で、ヘルメットを被った場合など状況にあわ せて微調整が可能。
○フルバケットシートより乗り降りが楽、それでいて同等以上のホ ールドが確保できる。
○リクライニング機構を備え、剛性の高いモノコック形状でありな がら重量が軽い

こう感じたらお勧めです。

☆ポジションを低くしたい。
ポジションを低くすると、視線が遠くを見るよう矯正されるので、サーキット走行などでは有効です。視線が高いと意外と近くを見てしまい、対応が遅れ動きも大きく感じてしまいます。先を先を見ることで、操作も余裕を持ってスムーズに行えるようになります。

☆ペダル操作をしやすい位置にしたい。
ポルシェのフロアからのペダルは、位置が確り決まっていれば足首と同じ時動きをするので自然に操作できます。足首をリラックスして使える位置が理想な分けですが、実際にはハンドルの位置を合わせると、膝と足首に角度がついた窮屈な姿勢になってしまいます。よほど手が長くないと・・・いいポジションにはなりません。できれば、足首をあまり大きく曲げずリラックスした状態で操作したいものです。そのほうが、タッチも繊細で操作も楽になります。

☆ハンドル位置を合わせると他の操作が窮屈
 ハンドルをいい距離にもってくるとシートが立ち気味の状態で安定が悪く、ブレーキングなどで上半身が前後に動きやすくなります。フルハーネスをしっかりしていても、ハンドルにその動きが伝わったり、支えたり・・・いいことはありません。視線もぶれやすい。おまけに、ヘルメットを被っているとヘッドレストが当たって、あごを引いて上目遣いで前を見なければなりません。
当たり前の事ですが、ヘルメットを被った状態と被ってない状態では・・・・・ドライビングポジションも変わってきます。

全体的に、純正のシートはヘルメットを被るとなかなかいいポジションになりません。

07/09/21(Fri)
トロフィー
当社には現在、多くのトロフィーが展示してあります。
その中から、ちょっとレアなものを紹介させていただきます。

日本国内において、最長のレースである十勝24時間レース。
その第1回の優勝トロフィーです。ここ数年はポルシェが総合優勝をはたしています。
このレースで勝つことは、ドライバーの力量もさることながら、マシンの信頼性も大きく関与します。このレースにおいてもポルシェの信頼性の高さが実証されています。
(第1回の優勝はユニシアジェックススカイラインですが・・・)
07/09/16(Sun)
S耐用フライホイール&クラッチ
昨シーズン、S耐で使用したフライホイール&クラッチです。
フライホイールはポルシェ純正RSR用、クラッチはtilton社製のトリプルプレートになります。
ノーマルのものと比較すると、フライホイールはかなり薄く軽量化されています。また、クラッチはかなり小さくなり軽量です。
これらを軽量化することにより、エンジンのレスポンスが明らかに良くなります。ただ発進時には気を使いますが・・・
07/09/14(Fri)
祝 スーパーGT GT300クラス優勝
当社のメカニックは今年のスーパーGT GT300クラス ユンケルパワータイサンポルシェの一員として参加しています。
先日行われたモテギGT300Kmレースにおいて、みごとGT300クラス優勝に輝きました。ユンケルパワータイサンポルシェのみなさん、おめでとうございま〜す。
07/09/14(Fri)
エアジャッキスタンド
今回は少し珍しい物をご紹介します。
レシングカー(エアジャッキの付いた車)御用達のエアジャッキスタンドです。しかも希少なポルシェ純正品です。よく見るとポルシェの刻印が見えると思います。
どのように使うかといいますと、まずエアジャッキで車輌を持ち上げます。持ち上がった車輌のエアジャッキの部分に2枚目写真のように、スタンドをセットします。一度ジャッキを下ろします。そうするとスタンドの上に車輌かのっかった状態になります。スタンドのスライド部分を閉め、再度エアジャッキで車輌を持ち上げます。すると3枚目の写真の赤い部分の一番上まで車輌が持ち上がります。万が一にもエアジャッキが下がらないように、スタンドの上にストッパーを付けます。(写真のスタンドの上に乗っている赤い筒状のもがストッパーです。)スタンドにはフロント、リア用があり、フロントで約41cm、リアで約43cm車輌を持ち上げることが可能で、下回りの作業がとてもしやすくなります。
07/09/11(Tue)
964 ホイール比較
現在、当社に3台の964が有ります。
92年カレラ2、92年カレラRS、92年ターボのホイールを比較してみました。カレラ2にはオプションの17インチが付いています。
よって、すべて通称CUPホイールと呼ばれるデザインのホイールですが、微妙にサイズが違っています。
カレラ2 フロント7J/55 リア8J/52(アルミ)
RS   フロント7.5J/55 リア9J/55(マグ)
ターボ  フロント7J/55 リア9J/55(アルミ)
上記のような、サイズになっています。
カレラ2とターボはフロントサイズが同じ。
RSとターボはリアサイズが同じです。
カレラ2とRSの比較では、フロントで0.5J差 約6.3mm
リア1J差ですがオフセットの差が有り、約9.7mm
RSの方が、外へ出ています。
07/09/08(Sat)
90 964カレラ4軽量化計画 Part10
964カレラ4軽量化計画もPart9まで終了し、足回り、マフラーなどに手を入れた後、いよいよシェイクダウンです。
そこで問題です。
この964カレラ4は鈴鹿フルコースをいったい何分何秒で走ることができるでしょうか。
ドライバーは911DAYSでもおなじみの当店オーナー羽根幸浩です。タイヤはヨコハマのネオバを使用します。コース状況はドライで走らせます。
いつ走らせるかは今のところ未定ですので、それまでの間の応募期間とさせていただきます。お早めにご応募ください。お一人様1回のみのご応募とさせていただきます。
(タイムを計測した時点で、応募は終了させていただきます。)

ヒント 以前ノーマルのカレラ4で羽根が出したタイムはおおよそ2分34秒くらいでした。はたして何秒までつめられるのか???

今回の商品もベントエクステンションです。(詳しくはパーツ一覧をご覧ください。)しかもニアピン3名に差し上げます。
太っ腹・・・??? どしどしご応募ください。


07/09/08(Sat)
90 964カレラ4軽量化計画 Part9
ついに完成しました。

気になる車輌重量は1256Kgでした。
たくさんのご応募、誠に有難うございました。
今回のニアピンは1265Kgをご回答いただいた、大阪のK様です。
ベントエクステンションをお送りいたしますので、楽しみにお待ちください。
今後の予定は、サスペンション、ブレーキに手を加えていく予定です。重量的には、ショックとスプリングで多少軽くなるかな・・?
ブレーキは、重量が増える方向です。
その他の部分では、カップパイプ、フェンダー内側やエンジンルームと室内を防音、振動を遮断するシートを貼り付ける予定です。
これも重量増の要因ですが、マフラーで軽くなる分と相殺して、全体的に重くなることはないと思います。
07/09/03(Mon)
シート重量比較
今回、シートの重量比較をしてみました。
すべてシートレールが付いた状態で計測しています。
あくまで当社計測比ですので多少の誤差は有るかもしれません。
964純正 22Kg
前後スライド、リクライニングは手動。座面の高低は電動のタイプです。
964カレラRS純正 13.5Kg
レカロTSG 12Kg
レカロSPG 11Kg
当社オリジナルSCAPE45シート 15Kg
SCAPE45シートと964純正のみリクライニング機能が有ります。

その他、996GT3純正レザーバケット 13Kg
レカロSPGカーボン 9Kgでした。
シート交換の際は、ご参考までに・・・・


07/09/02(Sun)
90 964カレラ4軽量化計画 Part8
内装の軽量化が完了しました。ステアリングは3.8RSタイプのものに変更。ドアの内張り交換、及びBOX取り外し。シートはスペックスオリジナルシートに交換。リアシートレス(RSタイプのカーペットに変更)。後はホイール交換で軽量化計画がすべて完了します。はたして何キロになるのか非常に楽しみです。

ここでクイズです。このカレラ4ははたして何キロでしょうか?
(私もまったくわかりません。)
ミアピンの方に当社オリジナルのベントエクステンションを差し上げます。お問い合わせフォームよりカレラ4何キロとご記入いただき、ご応募ください。応募期間は7日までになります。

ヒント 当初の重量は1,421Kgでした。ルーフ、ボンネット、エンジンフード、フロント&リアフェンダー、ドアすべてドライカーボン化してあります。ガラスはRSのものを使用しています。内装は上記の内容になっています。ホイールはBBSタイプのホイールを使用します。私の感では1,300Kgはきれるのではないかと思っています。

07/09/01(Sat)
バスボート
みなさんバスボートってご存知ですが?バスフィッシングをやられる方でしたらご存知だと思いますが、バスフィッシング用のボートです。アメリカ製のレンジャー、チャンピオンなどが有名です。
大きさは17〜22フィート前後でファイバーでできています。
エンジンはマーキューリー、ヤマハなどが主流です。馬力は75〜300馬力以上のものまで有ります。水面を滑る?飛ぶ?ように走り最高速は90マイル(144Km)以上のものも有ります。
日本最大の湖、琵琶湖の北の端から南の端まで30分以内で移動可能です。
写真のバスボートは当社のお客様所有のボートでチャンピオン製18フィート、エンジンはマーキュリー製175馬力で、70マイル以上の走行が可能です。以前乗せていただいたことがあるのですが、最初は風圧で呼吸がしずらくなるほどでした。また車の足回りのような衝撃を吸収するものが無い為、波に当たるとかなりの衝撃です。(たまには尾てい骨などを骨折することもあるようです。) 
機会があれば、皆様も一度体験してみてください。
もちろん釣りもできます。(笑)・・・・
[1]  «  2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22  »  [22] TOPへ戻る
coner 株式会社スペックス
愛知県名古屋市北区丸新町41 TEL:052-901-0808 specs@cd.mbn.or.jp

Copyright © 2009 SPEC'S. All rights reserved.