スペックス
conerHome - SPEC's Report
09/03/31(Tue)
S耐車輌アルテッツァ
当社に現在、こんな車輌がございます。
S耐車輌のアルテッツァでその当時のクラスチャンピオンカーです。エンジンレス、ミッション3基、ホイール4セットで購入し、
自社で中古のエンジンを載せて走らせる予定でした。
エンジンも購入したのですが、なかなか作業にかかることが出来ません。そこで興味のあられる方がおみえでしたら、この状態で販売をさせていただきます。
現車をご覧頂くことももちろん可能です。
是非、お問い合わせください。
09/03/31(Tue)
F1 オーストラリアGP
オーストラリアGP、ご覧になられましたか?
ブラウンGPすごい。初参戦のチームが開幕戦1、2フィニュシュするのは、F1の歴史の中で、3度目。50数年ぶりの快挙だと、解説で言っていたような気がします。もっともシャーシは去年から、ホンダが開発していたものなので、ホンダにとっては嬉しいような、悲しいような・・・・
トヨタもいい感じでした。今年中には何勝かするのではないでしょうか。
それにしても、去年まであれだけ強かったフェラーリとマクラーレンが全くダメで、F1の世界はドライバーの力量だけではどうすることもできないと、つくづく感じました。
今シーズンのドライバーでの注目は、なんといってもベッテル。
こいつは速い。(こんな言い方でスイマセン。)
何年か先には、必ずトップチームに移籍すると思います。
次戦のマレーシアGPが楽しみです。
09/03/21(Sat)
2009レースシーズン開幕
3月22日スーパーGTが開幕いたします。
今年も当社メカニックがチームタイサンの一員として参加いたします。お客様にはご迷惑をお掛けすることもあるかと思いますが、ご声援、宜しくお願い致します。
F1も来週末29日にオーストラリアで開幕します。
事前テストでトヨタの調子が非常に良いようで、万が一トヨタがワールドチャンピオンにでもなったら、ホンダにとっては、方やワールドチャンピオン、方や撤退でとてもショックでしょうネー。
また、今年のF1の話題がKERSシステム。簡単にいうと、ハイブリッドみたいなもので、ブレーキング時に発生するエネルギーを電気に変換しバッテリーに蓄え、加速時に放出するシステムみたいです。
今年のレギュレーションでは、1周あたりの出力を60KWまで、エネルギー保存量を400Kまでとしていますが、この数値が徐々に増加し、予定では2013年に200KW、1600Kになります。
いずれは、環境問題から、F1も電気自動車になってしまうのでしょうか。(実際すでに電気化の開発が進んでいるカテゴリーもあるようです。)電気化になったら、あの迫力の有る音はなくなり、チョロQが走っているような、感じになってしまうのでしょうか。
未だに12気筒フェラーリのエンジン音が忘れられない・・・・

09/03/13(Fri)
3枚の写真
今回は当社に飾ってある3枚の写真です。
他にも写真や絵などが、飾ってありますので、是非遊びにお越しください。
1枚目は、今はなきアイルトン・セナの鈴鹿での写真です。懐かしいマルボロカラーのマクラーレンホンダ。個人的には、今でもセナはF1ナンバーワンのドライバーだと思っています。また、車輌もこの当時のものがシンプルで一番好きです。
2枚目、3枚目は当社の羽根がドライブした車輌です。
グループA最後の年のHKSスカイラインとルマンでのフライジンガー993GT2です。
32スカイラインも今見るとカッコイーですネー。年のせいか、古い車の方が格好良くみえる今日この頃です。
09/02/19(Thu)
Scape45 SP-935 オリジナルバケットシート
何度も何度も修正を加え(メーカーさんゴメンナサイ。)、やっと完成いたしました。
最近のバケットシートは、みな機能優先で、同じような形状のものしかなく、旧車(ナロー、930など)に合うデザインのものが有りません。そこで無いなら作ろうとのことで、始まった企画でした。
当初は935純正と、ほぼ同じものをと思っていたのですが、いざ純正を見てみると、背もたれの角度、ホールド性などあまり納得できるものではありませんでした。そこで何度も修正を加え、やっとデザイン、機能を兼ね備えたものが完成いたしました。
価格は、サイドプレート付きで、¥189,000です。
詳しくは、パーツリストをご覧ください。
09/01/25(Sun)
プレイバック パート2
40歳以上の方なら、ほとんどの方がご存知だと思いますが、山口百恵の歌で、プレイバック パート2という歌がありました。
その歌詞が「緑の中を走り抜けてく真っ赤なポルシェ〜」で始まります。この歌が流行ったのが、70年代後半だったと思いますので、この歌でイメージしているポルシェは930だと思いますが、
たまたま964の赤が3台も当店に集合しました。
しかも、すべてRSです。なんとなく見ているうちに、上の歌が思い出され、改めて真っ赤なポルシェもカッコイーと思いました。
ここでひとつウンチクですが、この歌が流行った当時、NHKの紅白歌合戦で山口百恵がこの歌を歌ったとき、ポルシェという商品の固有名詞が入るのは、ふさわしくないとのことで、歌詞を変更したことがあります。さてなんと変更したのでしょう?
答え 「緑の中を走り抜けてく真っ赤なクルマ〜」だそうです。
なんだかダサイですよネー。
09/01/24(Sat)
7時間耐久レース画像
今回は、レース画像です。
みなさま、お疲れ様でした。
09/01/20(Tue)
カイエンS仕様変更
ストックリストにあるカイエンS(ダークティール)の足回りを交換いたしました。
ビルシュタインショックで当店オリジナルのセッティングを施して有ります。
車高は約40mmダウンし、見た目にもカッコイイと思います。
また、乗り降りも非常に楽になりました。
セッティング変更を何度も行い、一番良い状態に仕上げてありますので、乗り心地は、嫌な突き上げなどもなく、ノーマルより快適?と思えるほどの仕様になっています。

今回、このオリジナルの足回り付きで、車輌価格¥5,580,000(消費税込み)で販売させていただきます。
ぜひ、お問い合わせください。
宜しくお願い致します。
09/01/20(Tue)
7時間耐久レース結果報告
残念ながら、2連覇ならずでした。
バランス系チーム26号車がクラス3位、総合5位、ターボ系チーム23号車がクラス5位、総合8位でフィニッシュしました。
今回は参加チームも64チームと非常に多く、大混戦のレースでした。
6時間経過時点では23号車がクラストップを快走していましたが、その後、セーフティーカーの導入で順位が大きく変わり、最後までわからない展開でした。
このレースのレギュレーションで、ピットインしドライバー及び車輌を交代する場合、5分間のストップが義務づけられています。
ターボ系はラップタイム的には有利ですが、燃費面では不利で、ピットインの回数が増えてしまいます。逆にNA系はタイムはそこそこでも燃費が良く、ピットインの回数が減らせます。
どちらが有利なんだろー?
来年も開催が決定しているそうです。
ぜひ、興味のある方はご参加ください。
1年に一度のお祭りです。
主催者 大沼プランニングさんのHPです。
http://www.natori-shi.com/
09/01/13(Tue)
7時間耐久レース
今週末18日(日)、富士スピードウエィで、恒例の7時間耐久レースが開催されます。今年も当社から2チーム体制で参戦します。
(996GT2、996GT2、996ターボのぶっ飛び系ターボチームと993GT2、996GT3、964RSのバランス型チームの2チームです。)
去年に引き続きクラス2連覇を狙います。
今年の参加チームは13日時点でなんと64チーム。1チーム3台として、参加台数は192台にもなります。
その内、かなりの数がポルシェになると思います。
ぜひお近くの方で、興味のあられる方は応援に来てください。
宜しくお願い致します。
後日、写真と結果をご報告させていただきます。
09/01/11(Sun)
エンブレム写真
皆様、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。
昨年末、年賀状を作成する際、エンブレムの写真を撮っていました。しかし何枚とっても、全体にピンボケ、またはセンター付近はピントが合うのですが、回りがピンボケなど全然うまくいきません。一応、デジイチで絞り優先や、レンズを変えたりしていろいろやってみたのですが、まったくダメダメ。
当社のお客様で、プロカメラマンの方がおみえになり、相談した所、「撮ってあげるから、持っておいでよ」とおっしゃって頂き、撮っていただいたのが、この写真です。
さすがプロ。抜群にカッコイー。
どうやって採ったのか、想像もつきません。
カメラの世界も奥が深い・・・・(当然ですが)
08/12/22(Mon)
ユピテル レーダー
最近のレーダーは本当すごいですネー。
GPSで現在地を把握し、警報を鳴らすのは当たり前で、
最新のものは、ナビと同じように地図まで表示します。
また、ワンセグTVになるモデルもあります。
今回、当社はユピテルの指定店になりました。
指定店には指定店専用モデルというものが有り、通常の量販店では販売されていません。量販店モデルより、さらに精度が高くなっている特別モデルです。
当社では、販売、取付も行いますので、お気軽にお問い合わせください。
[1]  «  2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22  »  [22] TOPへ戻る
coner 株式会社スペックス
愛知県名古屋市北区丸新町41 TEL:052-901-0808 specs@cd.mbn.or.jp

Copyright © 2009 SPEC'S. All rights reserved.